物品棚について、選び方

こんにちは。ショウヘイです。

 さて、今回は物品棚について取り上げていきたいと思います。工事に使用する道具の収納や工場での物品整理などにあると便利なのが物品棚です。今回は、通常の家庭で使用される棚ではなく、重たい物をたくさん乗せるような時に使用する棚をご紹介します。

本文では、以下について述べていきます。

・物品棚とは?選び方について

・寸法、耐荷重の種類

・オプション品、地震対策関係について

物品棚とは?選び方について

ここでご紹介する物品棚とは主に1段当たりの耐荷重が100kg~500kgほどの重量物を置くための棚となります。

材質:スチール製、ステンレス製、プラスチック製など

→一般的に販売されている棚の材質は主にこの3種類になります。使用場所や乗せる物品によって材質を選びますが、主に使用されているのがスチール製の物品棚になります。

 ステンレスは価格が高く、プラスチックは重たい物を乗せると強度に不安要素があるため、重量物を乗せる際には、しっかりとしたスチール製が選ばれています。

組立:ボルトタイプ、ボルトレスタイプ

→組立の際に棚板を各段ボルトで固定する「ボルトタイプ」と取付穴に棚板の爪をひっかけて取付けるボルトを使わない「ボルトレスタイプ」があります。ボルトレスタイプにすると、ボルトタイプに比べ取付が簡便です。また、取付が簡便という事は、棚板の位置を変える際にも、スムーズに変更する事ができます。

次は、規格品に多くある寸法サイズと耐荷重をご紹介します。

寸法、耐荷重の種類

寸法については、下記の規格サイズが多く流通しています。

間口・幅(W) 900・1200・1500・1800mm

奥行(D) 300・450・600mm

高さ(H) 1200・1500・1800・2100・2400mm

規格のサイズ以外でも特注で作ってもらう事などは可能ですが、納期とコストがかかってきます。寸法を測ってみて、規格にはないサイズだった場合は置き場所を妥協するか、私の場合メッシュラックで対応しました。かなりの重量物だと無理ですが、メッシュラックは様々な寸法の棚板があるため、微妙な寸法の置き場には役に立ちます。

耐荷重について

1段あたりの耐荷重を表しています。

軽量棚・・・約100kgほど

軽中量棚・・・約200kgほど

中量棚・・・約300kgほど

重量棚・・・約500kgほど

重量棚になるほど値段が上がるため、コストとのバランスを考えましょう。

オプション品、地震対策関係について

近年は、地震などの災害が多いため、棚を設置した際に重量物が落ちてきては危険です。

 そのため、地震対策ように様々なオプション品が容易されています。

  • 転倒防止ベースプレート

棚の足底に取り付け、ボルトで床に固定する事によって、地震による揺れから棚が倒れてくる事を防ぎます。

  • 落下防止ベルト

棚の支柱から支柱にベルトを引っかける事により、収納物が飛び出してくる事を防ぎます。

重量物を積めば積むほど地震が起きた際のリスクが高まるため、常に安全確保を考えておきましょう。

まとめ

今回のテーマをまとめると物品棚を選ぶ際には

  1. 置き場所の寸法を確認しましょう
  2. 何をどれくらいの数量乗せるか確認しましょう
  3. 重量物を乗せる際には、転倒防止のパーツを取り付けましょう

以上の点に気をつけて物品棚を選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です