エア3点セットとは?

こんにちは。ショウヘイです。更新できていない日々が続いているので、合間を見て更新していきます。

 さて、今回はエア3点セットについてお話していきます。みなさんの生活では、あまり馴染みがないかもしれませんが、圧縮空気を使用する場所(主に工場など)で多く使用されています。

本文では、以下について述べていきます。

・圧縮空気とは?

・どうして圧縮空気を使うの?

・エア3点セットとは何か?何で必要なの?

圧縮空気とは?

圧縮空気・・・大気をコンプレッサーによって、圧縮させ体積を縮小させた空気の事。

通常の機械の動力伝達は、電気式や油圧式などがありますが、中でも空圧式が広く簡便で容易に採用されているケースが多いです。例えば、電車の車両ドアの開閉、自動車のブレーキなどがあげられます。

どうして圧縮空気を使うの?

圧縮空気の原理としては、圧縮された空気と大気圧の差によって発生するエネルギーを利用して、より強いブローを起こしたり、機械を作動させたりします。主に工場の機械に使用されている事が多いですね。

空圧は油圧と比べて低い圧力で安全であり、電気の様な取り扱いの危険度も少ないため、利便性が良く、多くの機械に採用されているようです。

エア3点セットとは何か?何で必要なの?

 それでは、本題のエア3点セットについて説明していきます。エア3点セットとは、フィルター、レギュレータ、ルブリケータの3つの部品から成り立つ事から、エア3点セットまたはそれぞれの頭文字を取ってF.R.Lユニットと呼ばれたりします。

各部品には、それぞれ役割があります。

フィルター・・・コンプレッサーから送られてくる圧縮空気の中にゴミや水分が混じっているため、それを除去する

レギュレータ(減圧弁)・・・送られてくる圧縮空気はあまり安定していないため、適切な圧力に調整し、送り出す

ルブリケータ・・・機械に対して、圧縮空気を送り出す際に、空気で乾燥して機器の作動力を落とさないよう霧状の油を乗せ潤滑油を流入し供給する

→簡単に言えば、①ゴミを取って②圧力調整して③潤滑油と一緒に空気ピシャーッです!

さて、こいつらが必要な理由なのですが・・・ぶっちゃけ無くても機械は動きます!

ただ、ゴミが入ってきたり、送り出される空気が不安定であったり、連続使用を続けていくと、部品の摩耗が早くなりと故障の原因に繋がります。

特に大型の機械になればなるほど、動力も大きなエネルギーを使い、激しい動きになり、その分消耗も早くなりますね。

だから、エア3点セットを駆使して消耗の激しい機械を長く安定して使おうという事になります。

本日は、エア3点セットについて述べてきました。まだまだ、説明不足な点も多々あるので、違う機会を見つけて過去の記事をアップデートしていきます。今後も、定期更新目指して書いていきますので、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です